法務・コンサルティングについて

AI(人工知能)という言葉を見聞きしない日がない昨今です。AIが囲碁の王者に勝った、とかAIによってなくなる仕事とか何かと話題になりますが、これからの社会生活の中で確実になくてならないものになっていくのは自明のようですね。

AIによって無くなる仕事に士業(さむらいぎょう)もあげられています。
士業とは、弁護士、税理士、司法書士などの資格者のことを指す言葉です。私も司法書士なので士業の一員ですね。

司法書士の業務についてですが、定型的な登記業務については、法務局の相談窓口もありますし、今後ますますオンラインでの登記申請も使いやすくなるでしょうから、減少していくのではないでしょうか。
誰でもできる行政への申請、届出はもっと簡易な方法が望まれますね。

今後、士業はAIと競うのではなく、AIを利用したサービスの提供や誰でもできる定型業務以外のサービスを提供していかなければ、生き残っていけないと思います。
競争相手が多い分野(レッドオーシャン)は、価格破壊が起こり、一気に低価格が進みます。競争相手が少ない分野(ブルーオーシャン)は提供側の価格で取引が成立します。

私達、士業の存在理由はまさにブルーオーシャンにあると感じております。企業、個人を問わず、予防法務を含めた事前の相談・コンサルティングのニーズが高まっております。
従来は無料だと思われていた情報に価値を見出すことができる社会になってきました。

かかりつけの病院があるように、かかりつけの士業、いきつけの事務所などがあると安心です。
個人では利用するシーンも限られるでしょうが、法人は企業活動の中で必要性を感じるシーンも日々あると思います。
当事務所では、個人、個人事業主及び小規模法人の相談を積極的にお受けいたします。

法務・税務を含め私のネットワークを活かしたサービスをご提供させていただきます。