藤沢市の司法書士加藤義則です。いつも当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。インスタやブログではほとんど趣味のことばかり書いておりますが不思議とお問い合せやご注文をいただき嬉しい限りです。湘南地区(藤沢市、茅ヶ崎市、寒川町の2市1町で組織する司法書士団体)の司法書士はゆうに100名以上おりますが、16年の長きに渡りご利用いただき、日々充実した時間を過ごすことができ、お客様、お取引様、事務所スタッフ、他士業の皆様には感謝しかありません!ありがとうございます。

すっかり秋になりこの頃は日が短くなりました。個人のお客様は相続関係のご相談、ご依頼が一番多いですね。人は必ず死に至り相続問題は避けてとおれません。争いや問題がある場合には専門家や司法の関与が必要になりますし、一定以上の財産があれば申告しなければなりません。何もなくても死後の手続きがございます。従前に比べ各種手続きもだいぶ円滑になりましたがそれでも時間的なコストがかかることが多いです。DXやAIが発達した社会になれば改善されるのでしょうか?誰でも簡単に手続きできる社会が待ち遠しいです。

雑誌などでもAIによってなくなる職業として司法書士の登記業務があげられます。本来、登記や訴訟も本人申請、本人訴訟が基本なので、利用者の利便性が向上し、司法書士がいなくても対応できるようになるとよいですね。

そうはいってもAIでは対応できない案件や人間によるサポートが必要な方、杓子定規の法的措置、手続きでは解決しない問題などは必ずありますし、そのような案件に対応できる専門家のニーズは相変わらずかと。実際、他の事務所で断られたというお客様が今までに何人もご利用いただいております。他の専門家の知恵を借り、スタッフらのアイデアによって乗り切ったケースも多々ございます。要はお客様にどこまで寄り添えるかではないでしょうか。

本日も数年来のお客様と趣味の車の話で随分盛り上がりました。ひとしきりお話した後に実際のご相談をいただきました。湘南という土地柄もあるかもしれませんが、リピート、お客様のご紹介も本当に多いです。今年もあと3ヶ月。あっという間に年末になりそうですが駆け抜けていきます。画像はスピードコンセプトという米国トレック社のトライアスロンバイクです。今年のエントリーレースは中止になりましたので2022年のレースに向けて練習中です。

相続をはじめ法律のことでお悩みの方はお気軽にご連絡くださいませ!