神奈川県藤沢市の司法書士加藤義則です。いつも当事務所のご利用ありがとうございます。

さて先日15日、神奈川県の横浜市で開催された世界トライアスロン選手権の一般エイジグループに参加してきました。2020年、2022年の2年間は、世界的なパンデミックの影響により大会が開催されない、また、私の大腿骨骨折という大怪我によりリハビリの期間となりました。

大腿骨骨折したときは、トライアスロンができるか否か全く先が見えない状態でしたが、命を助けてくれた先生、入院中優しく助けてくれた看護師さん達、厳しいリハビリの先生、他にも家族をはじめ、友人達、周囲の方々の献身的なサポートのおかげでV字回復することができました。

そして今回復活レースも無事完走することができました。

2019年以来のレース、事故後初めてのレースという緊張するシーンでしたが、トライアスロン友達と一緒だったので、辛くも最高に楽しく充実したレースとなりました。

画像のバイクは、私が骨折したときのバイクです。アメリカのトレックというメーカーのタイムトライアルバイクで「スピードコンセプト」という速そうな名前です。事故のときにほとんど無傷だったという奇跡のバイクです。バイクにとってもはじめてのレースでしたが快適にライドすることができました。

来週は千葉の館山で開催されるレースに出場します。少し疲労してますので充分休んでよいパフォーマンスを発揮したいと思います。

それにしても平泳ぎで25m泳ぐのがやっとだったのに、今や海で1500mクロールで泳げるまでになりました。トライアスロンは自分とも向き合える素晴らしいスポーツです。