『不動産登記・会社登記、遺言、相続手続きなどを相談・依頼したいがどの司法書士事務所にアクセスすればよいかわかない』『たくさんのホームページが検索されて選べない』そのような声をよく聞きます。現役の司法書士がお客様の司法書士選択に対するアドバイスをご紹介します。最後に私なりの最終回答を掲載しました。

司法書士への相談は敷居が高いわけでも、怖くもありません。勇気をもって相談してみましょう!

司法書士のサービス

私の事務所がある湘南地区(神奈川県藤沢市、茅ヶ崎市)には、司法書士が何人いるかご存知ですか?

この記事をアップした日現在、100人以上の司法書士がおります。これだけの人数がいると、どこに頼んでよいかわかりませんよね?

司法書士はお客様に法的なサービスを販売して生計を立てております。

法的なサービスとは、不動産登記などの登記業務はもちろんのこと、相続手続きの代理、裁判業務や企業法務にかかわるノウハウを書類作成やコンサルティングとして提供することです。

司法書士へのアプローチは、知人からの紹介、銀行・業者からの指定、自分で探すの3つに分けられると思います。

司法書士への相談・依頼は、プライバシーに関わることです。慎重にならざるを得ません。

サービスを受ける以上、司法書士の人柄、司法書士の能力(見た目ではなかなかわかりずらいですが)、話を聞いてくれる人か否か サービスの内容(費用含む)、事務所の雰囲気、は気になるところですね。

それでは、どうすればお客様のニーズに合った司法書士を探すことができるでしょうか?

司法書士の具体的な選び方

1.電話 
 電話の対応で司法書士のお客様に対するスタンスがわかるかと思います。声の感じで雰囲気もわかりますよね。

2.ホームページ
 ホームページ検索はマストです。たくさんの情報を得ることができます。

3.見積
 相場がわかると思います。ただし、費用には何が含まれているのかよく確認しましょう。複数の事務所から見積を取得するのもOKです。

4.事務所
 訪問すれば事務所の雰囲気もわかりますし、やはり直接司法書士に会ってみるのが一番かと思います。サービス業にもかかわらず、奥の机でふんぞり返って上から目線の司法書士だったら次を探したほうがいいですね。

5.フットワーク
 書類収集、調査、関係者への連絡・調整など自ら積極的に動いてくれるか否か。

最終回答

以上のポイントを押さえて複数の事務所を比較してみてはいかがでしょうか。それでも悩まれる方に最終回答です。今や事務所のホームページがあるのは当たり前です。

ホームページがある事務所の中で、司法書士の顔、司法書士の経歴(自己紹介文や携わった案件など)、事務所の画像の3点が掲載されているか確認して下さい。

私達の仕事は、単にものを売るだけではありません。お客様からサービスの対価を得る以上、顔と経歴を掲載することは最低限のマナーかと思います。

ちなみに司法書士加藤義則事務所のホームページも司法書士の顔と経歴は掲載されておりますので、安心してご利用いただけます。。。と最後に自己アピールさせていただきました。